私にとって美味しいパンが彼女にとって美味しいとは限らない。

何を大切にして日々を過ごしているか・・・

この投稿は、情報発信の稽古場「ASURA Workout」で出された“人生や仕事において大切にしていること”というテーマに沿って書かれたものです。

人様からテーマをいただくと、普段あまり自分が意識していないことについてちょっと立ち止まって考え、それを文字にして表す貴重な機会が得られます。
「私は何を大切にしてきただろう?」と自分に問いながら過去に書いたものを時々読み返すことで、過去の出来事やそのときの感情や体験を通じ、自分の像が明らかになっていくような感触がありました。

私はいつの頃からか「人様に喜んでもらえることを、自分も喜んでできるようになりたいな」と、考えていたような気がします。相手だけでなく「自分も」喜ぶということです。
だから自分も喜べることを人様にお伝えしたり、人様が喜んでされていることを自分も試してみたり―そうしていくうちに“自分の知らない世界を垣間見る”という新しい楽しみを知り「心豊かにまた頑張ろう!」という気持ちが生まれてきました。
例えば、私が好きなパンを「これ美味しいねん」とAさんとBさんに伝えたとします。
Aさんとは「あなたが言っていた通り美味しいわ。それから、このパンも美味しかったよ」と話が弾み、さらにその美味しさをAさんがお友達に伝えていく。
一方でBさんは「私の口には合わないな」と、あまり喜んではもらえません。ですが、Bさんが共感してくれなかったからと言って「友達を辞めよう…」とはなりません。もしかするとBさんは自身が好きな美味しい定食屋さんを教えてくれるかもしれないからです。それは私にとっても美味しいかもしれません。
また子育てで悩んでいるCさんがいて、同じような経験をちょっと先にしていた私がその時の思いなどを話したことでCさんの気持ちがちょっと楽になったり、またCさんが何年か後、自らの体験をDさんに話してDさんが楽になったり。考え方が違うEさんが居て。Eさんはまた別の方法で悩みを解決して…と、色んな考え方や経験が世の中にはあります。そうしたものは、深く考える前にいったん自分の中で受け止める。それから「へぇ、そういう考え方もあるんや」「そんな経験をされたんや」「そんな美味しいお店ができたのね」「行ってみたい!そのお店」などとやり取りしながら自分の経験値を上げていく、そんな感じでしょうか。

たまごキャベツコッペ
私は知らないうちに「自分が随分と頑固になってきている」と思っています。たいした根拠もないのに「これはこうあるべき」とか「こうに決まっている」とか決めつけた考えに凝り固まっていて、若いころに比べると物事を柔軟に見ることができにくくなってきたように感じています。「もしかすると、実はよくわかっていないのに、自分の考えに縛られ自分で自分の首を絞めて苦しむことが多いのではないか?」と考えるようになりました。
そうではなくどんなときも「そんな風に考えたら楽かも」とか「私の考えとは違うけど、なるほどそういうことも考えられるよね」とか「そういう人もいるんや」とか「いろんな人の中に自分がいると思えば楽に生きていけるんじゃないか?」と思えるようになりました。
あと、人の立場になってとかその人の身になって考えるとかよく聞きますし自分も言いますが、なかなか同じ立場になることもないですし同じ立場になったとしても同じ気持ちになるかと言えばそうとも限らない。だからどこまでも想像するしかないのですが「その想像力ってやっぱり人の話を聞いて自分だったらどうするかとか考えたり、いろんな場所へ実際に足を運んでそこの空気を感じたりしながら膨らませていくものなのかな」と感じています。「その機会が多ければ多いほど引き出しが増えるのではないかな」と考えています。もちろん、そんなことはしたくないとお考えの方もいるでしょうし、押し付けるつもりもありません。でも私にとっては、より楽しく心豊かに生きていける在り方ですので「これからもそうしていきたいな」と思っています。
とまあ、今はこんな風に書いていますが、何年か先には全然違う人生を歩んでいるかもしれません。その時にはその時の気持ちを書いてみることも面白いかもしれません。
ということで人生や仕事において大切にしていることは「自分も人様も楽しく喜んで過ごせるように日々の暮らしを営む」と言ったところでしょうか。
以前、誰かに私の不可解な行動を【雅子道】と名付けてもらったことがありました。“まさこみち”と読むのか“まさこどう”と読むのかはわかりませんが、その道の答えがこれかもしれません。

旧ブログはこちら→大工の家から

ワカバヤシ工務店Webサイト

ワカバヤシ工務店Instagram

masako_favorite Instagram

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。